2005年07月31日

誰にでも秘密がある

ジウ姫つながりで
韓国映画「誰にでも秘密がある」のことを少し。

イ・ビョンホン&チェ・ジウのコンビという事で
前評判がどれだけのものだろうと期待していたのだが
何ともお粗末な仕上がりに愕然とした。
出演人に問題はないと思われる演技なのだが
脚本と映像がひどすぎと感じた。
ちょこちょこ変わる画面や、
時間をさかのぼるフラッシュバックのようなストーリー運びが
脚本と合っておらず間の抜けたものになっていた。

そのせいで主演のイ・ビョンホン&チェ・ジウの魅力が
全く感じられない。
ドラマのような期待はしないほうが良いようだ。

マイレート 目

 
posted by サミー at 21:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジウ姫の写真集&DVD

私も韓流ブームの火付け役「冬のソナタ」にハマってしまい
今ではすっかり、ヨン様とチェ・ジウのファンになってます。

その冬ソナ出演者で、いつの間にか「ジウ姫」と呼ばれている「チェ・ジウ」
本日より
オフィシャルDVD&写真集&オリジナルグッズをセットにした
『チェ・ジウ トレジャーボックス「Jiwoo」』が
エキサイト株式会社より発売されました。

丁度このDVD発売のイベントのため来日中のチェ・ジウ。
まだ万全の体調ではないとのコメント報道がありましたが
イベント会場には元気な姿を見せてくれたようで、少し安心しました。

先月のヨン様もそうですが、
韓国俳優人はそうとう無理なスケジュールで働いているようですが
体あっての職業なのですから、
静養も十分とって、リフレッシュして頂きたい。

おっと、話がそれてしまった。
そのチェ・ジウの写真集とDVD、中身がとっても気になってしまい
つい勢いで注文してしまったわーい(嬉しい顔)

これだけの値段を出せば
念願のOSXTigerが手に入ったことでしょうが
他で手に入らないようだから、仕方がない。
満足いく代物に期待しつつ、商品到着を待つ事にします。
posted by サミー at 00:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

恋人までの距離 - Before Sunrise -



恋人までの距離 - Before Sunrise -

ブダペストからパリへ向かヨーロッパ横断鉄道、
隣の席で激しい口論を交わすドイツ人カップルに呆れてしまったフランス人大学生セリーヌ。
移動した席の向かい側に座っていたアメリカ人青年ジェシーと、
ふとしたことから会話が始まり意気投合した2人。
ジェシーが「帰国する翌朝までの時間をウィーンの街で一緒に過ごさないか」
とセリーヌにもちかける。
ジェシーとセリーヌはウィーンで下車し暮れゆく街をぶらつきながら、
互いの仕事や家族などについて語り合う。
次第に強く惹かれ合うジェシーとセリーヌ。
しかし2人には「さよなら」を言わなければならない朝が待っている...。




列車の中で偶然出会ったアメリカ人のジェシー(イーサン・ホーク)と
フランス人のセリーヌ(ジュリー・デルビー)が
ウイーンの街で一晩限りのデートをするという物語。
なんといってもこの映画、脚本が素晴らしい。

二人の会話がとても非日常的な事なんだけどなぜか引き込まれてしまう。
また、お互いの人生観や価値観を哲学的に語っているシーンなども印象的。
列車でジェシーがお祖母さんの事を語るのですが、その光景が自然に思い浮かんできたり、
レコード屋で試聴するシーンは二人の行動をドキドキしながら見守ちゃったり。
ウイーンの街並みや石畳の道もそうだが、
占い師や詩人など登場でより一層雰囲気を盛り上げているのが素敵です。
この美しい街並みの中で少しずつ縮まってゆく二人の距離。

「こんな素敵な出会いが一度でいいからしてみたい」と、きっと誰もが思うことでしょう。
それからジュリー・デルピーのフランス語なまりの英語がとても魅力的ですよ。
映画を観終わってから2人がどうなるのかきっと気になると思います。
恋人同士で観るもよし、友達と観るもよし、そして一人で観るもよし(笑)

1995年ベルリン映画祭銀熊賞受賞作品
(Sammy Rroomより引用)

マイレート 目 目 目 目 目 目 目 目 目 目

ビフォア・サンセット / ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 ツインパック (初回限定生産)
posted by サミー at 16:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

ヒュー様、パパラッチを轢く!?

本日のとくダネ!スターまる見えチャンネルで
珍しく「Hugh Grant =ヒュー様」が話題になっていました。
まぁ、私的にはどんなネタでも嬉しいので、興味津々で拝見しました。

デイブ・スペクター氏によれば
某所で出くわしたパパラッチを、ヒュー様がクルマで轢きそうになったというもの。

映像を見た限りでは
クルマの左ドアミラーがパパラッチに「ゴン!」と「ぶつかった!」ように見えました。

ヒュー様って自分でも言っていましたが、結構短気のようです。
よほど急いでいたのかしら?
ぶつかっても止まる気配もなく、「ブォーン」と立ち去っていきました。

轢かれそうになったパパラッチは無傷のようで
カメラがぶつかっただけみたいです。
なので事件にはならなかったようですが、
ここの所、ラッセル・クロウやクリスチャン・スレーダーなど
暴力行為で逮捕に繋がるケースが増えてきているので、
あの急発進で何事もなくすんで良かったです。





posted by サミー at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 男優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

USJ 1

「USJ・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に、また行ってきました。



今回はものすごい大雨に遭遇してしまい、楽しさ半減でしたが(パレードが中止とか)
日曜日なのに兎に角人出が少なく、有り難い事に待ち時間がすくなく
(最高45分待ちだけど30分くらいで済んだ)
お陰で、朝から晩の1日でほぼUSをJ制覇しちゃいました!


(右上に日本が見えるバージョン)


(ベティーちゃん)

(ポパイ)
posted by サミー at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。