2005年07月27日

恋人までの距離 - Before Sunrise -



恋人までの距離 - Before Sunrise -

ブダペストからパリへ向かヨーロッパ横断鉄道、
隣の席で激しい口論を交わすドイツ人カップルに呆れてしまったフランス人大学生セリーヌ。
移動した席の向かい側に座っていたアメリカ人青年ジェシーと、
ふとしたことから会話が始まり意気投合した2人。
ジェシーが「帰国する翌朝までの時間をウィーンの街で一緒に過ごさないか」
とセリーヌにもちかける。
ジェシーとセリーヌはウィーンで下車し暮れゆく街をぶらつきながら、
互いの仕事や家族などについて語り合う。
次第に強く惹かれ合うジェシーとセリーヌ。
しかし2人には「さよなら」を言わなければならない朝が待っている...。




列車の中で偶然出会ったアメリカ人のジェシー(イーサン・ホーク)と
フランス人のセリーヌ(ジュリー・デルビー)が
ウイーンの街で一晩限りのデートをするという物語。
なんといってもこの映画、脚本が素晴らしい。

二人の会話がとても非日常的な事なんだけどなぜか引き込まれてしまう。
また、お互いの人生観や価値観を哲学的に語っているシーンなども印象的。
列車でジェシーがお祖母さんの事を語るのですが、その光景が自然に思い浮かんできたり、
レコード屋で試聴するシーンは二人の行動をドキドキしながら見守ちゃったり。
ウイーンの街並みや石畳の道もそうだが、
占い師や詩人など登場でより一層雰囲気を盛り上げているのが素敵です。
この美しい街並みの中で少しずつ縮まってゆく二人の距離。

「こんな素敵な出会いが一度でいいからしてみたい」と、きっと誰もが思うことでしょう。
それからジュリー・デルピーのフランス語なまりの英語がとても魅力的ですよ。
映画を観終わってから2人がどうなるのかきっと気になると思います。
恋人同士で観るもよし、友達と観るもよし、そして一人で観るもよし(笑)

1995年ベルリン映画祭銀熊賞受賞作品
(Sammy Rroomより引用)

マイレート 目 目 目 目 目 目 目 目 目 目

ビフォア・サンセット / ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 ツインパック (初回限定生産)
posted by サミー at 16:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5400570
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ビフォア・サンライズ
Excerpt: 列車の中で偶然出会った一組の男女。 少しずつ距離を縮めていく2人。2人だけの時間がリアルに流れ続ける。 限られた時間でお互いの心を探りあうように。 素敵な作品でした。 少し前の僕ならまずダメ..
Weblog: ★☆★ Cinema Diary ★☆★
Tracked: 2005-08-18 12:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。