2005年07月31日

誰にでも秘密がある

ジウ姫つながりで
韓国映画「誰にでも秘密がある」のことを少し。

イ・ビョンホン&チェ・ジウのコンビという事で
前評判がどれだけのものだろうと期待していたのだが
何ともお粗末な仕上がりに愕然とした。
出演人に問題はないと思われる演技なのだが
脚本と映像がひどすぎと感じた。
ちょこちょこ変わる画面や、
時間をさかのぼるフラッシュバックのようなストーリー運びが
脚本と合っておらず間の抜けたものになっていた。

そのせいで主演のイ・ビョンホン&チェ・ジウの魅力が
全く感じられない。
ドラマのような期待はしないほうが良いようだ。

マイレート 目

 
posted by サミー at 21:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5514704
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[?????с?祉?吾??]
Excerpt: Sponsored Links bgColor=#ffffff border=0> href=
Weblog: ??????査菴純???????????????若?
Tracked: 2005-08-01 08:20

誰にでも秘密がある
Excerpt: こちらイ・ビョンホンが美人3姉妹を手玉にとってしまう役どころということで話題になったコミカルなラブストーリーです。 3姉妹の1人(次女)に、言わずと知れた“涙の女王”ことチェ・ジウが出演しているのも..
Weblog: ミカミカノハナ
Tracked: 2005-09-03 07:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。