2005年08月23日

ある日どこかで

〜 Somewhere in time 〜
SomewhereInTime.jpg

--- Story ---
「私のもとへ帰ってきて」…
見知らぬ謎の老婦人から突然古い金時計を送られた新人劇作家のリチャードは
その8年後、古い肖像画の貴夫人に魅せられ心を奪われてしまう。
そして、それがあの老婦人の若き日の姿であることを知る。
リチャードは、なんとかして若い頃の彼女に逢いたいと思うようになり
タイムトラベルに挑戦し、ついに成功させる。
過去でめぐり逢った2人は、たちまち激しい恋に落ちるのだが……。


SF的タイムトラベルの要素を、ラブロマンスに違和感なく組み合わせて描いた、
時空を超えた美しく哀しい愛の物語。
全編に時折流れるラフマニノフのラプソディーが、
とても心地よく、更に涙をさらに誘います。
クリストファーリーブのちょっとコミカルなんだけど、実に紳士的な演技は絶品。
ラストは余りにもせつないので、ハンカチのご用意をお忘れなく!

マイレート 目 目 目 目 目 目 目 目 目 目

 
DVD          Soundtrack
posted by サミー at 22:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6175703
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ある日どこかで
Excerpt: DVD:ある日どこかで かなり昔に見た記憶があるのに、この映画はまだ日本では劇場未公開だったのでビックリしました。
Weblog: 仮想本棚&電脳日記
Tracked: 2005-10-07 21:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。