2006年10月02日

バムとケロのそらのたび

posted by サミー at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

felicity3

posted by サミー at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

冬のソナタ

韓流ブームの火付け役といったら、やっぱりこれ!
この時期になるとなぜか鑑賞したくなるんですよね。

 
posted by サミー at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

ビフォア・サンセット

ビフォア・サンセット



作家ジェシーはパリの本屋の朗読会で、
9年前にユーロトレインの中で知り合い、恋に落ちたセリーヌと再会する。

かつて再会の日を決めていながら、果たすことのできなかったふたりは、
9年分の埋め合わせをするかのごとくお互いのことを語り合う。
しかし、ジェシーの帰国便は85分後。ふたりには短すぎる時間だった。
イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー主演、
リチャード・リンクレイター監督の『恋人たちの距離(ディスタンス)』の続編。
前作は夕方から夜明けまで語り合う男女の物語だったが、
そのとき思いを残したまま別れたふたりの再会を描いたのが本作。

前作もストーリーらしいストーリーはなく、
主役のふたりが愛について、人生について語り合い、心が通い合っていく姿をつづっていたが、本作も構成は同じく。
離れていた9年間にお互いに起こった出来事、それぞれの思いをふたりがぶつけあっていく。
主演のふたりと監督が脚本を練り上げたとあって、
等身大の男女の姿がスクリーンに映し出され、ハッピーエンドか否か、見るものにたくすラストがユニーク。
見終わったあといろいろ語りたくなる映画だ。

---- 内容紹介 ----
ベルリン映画祭銀熊<監督賞>受賞作品「恋人までの距離」<ディスタンス>から9年後の
恋人たちの“今”
忘れられない人と再会したら、あなたはどうしますか?
リチャード・リンクレイター監督作

マイレート 目 目 目 目 目 目 目 目 目 目


【収録内容】
本編(約80分)+映像特典(約9分) + オリジナル劇場予告編
映像特典
●メイキング (約9分)

    

ビフォア・サンライズ・ 恋人までの距離の一場面、
視聴ブースで流れる「Come here」収録
Before Sunset and Before Sunrise [SOUNDTRACK]
posted by サミー at 21:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

CUBE ZERO

すべての謎が明らかに……

一辺25部屋の正立方体、部屋と部屋をつなぐ手動型の開閉ハッチ。
1997年、パズル感覚の謎解きと、様々なトラップが生むスリル、
衝撃的なストーリー展開、散りばめられた謎。
世界中でカルト的な人気を集めた「CUBE」は、リピーター続出、大ヒットを記録した。

─あれから8年─いよいよ『CUBE』が完結する。

シリーズの最終作「CUBE ZERO」

すべての秘密の鍵となる「旧式CUBE」とは、そしてそこから逃れる術とは……。
各部屋にトラップなどが仕掛けられているのはシリーズを通して健在。
2002年の『CUBE2』によって徐々に明らかになる人間関係と陰謀、
今回は更に未解明だった数々の謎が解き明かされる。
不条理スリラーも最高潮、シリーズ中でもっとも怖い作品となっているこの作品。
コレを見ずして『CUBE』は語れない!!

前2作で明かされなかったすべての謎が、今解き明かされます。 予告編はこちら

監督/ アニー・バーバラッシュ
出演/ ザカリー・ベネット、デヴィッド・ヒューバンド、ステファニー・ムーア
配給/ ファインフィルムズ
[2004/カナダ]

<オフィシャルサイト>
CUBE ZERO
2005年11月中旬より 新宿ジョイシネマ3他ロードショー。

前作までのおさらいはDVDでしましょう。
初めて鑑賞する方は、何も考えずに見た方が「CUBE World」にハマれます。

  
posted by サミー at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。